匠の技

文化堂スポーツ

野田康弘福島伊達営業所長

ミズノグラブフィッター

今日もせっせとグラブ補修をする野田統括副部長の姿が店の入り口から見える-。

グラブ職人といえる「ミズノグラブフィッター」の認定を持つ野田氏は、野球経験は中学時代までと、意外にも短い野球歴だ。

スポーツ店への就職したころ、野球道具については、知らないことだらけで仕事にならなかった。

「だからこそ、ストイックに勉強できた」

と社会人なりたてのころを振り返る。
高校野球、社会人野球を経験していないからこそ、先入観がなくお客様目線でスポーツ店の店員として野球道具と真摯に対峙してきた。
最近では、来店者の父親が使用していた“30年モノ”のグラブリペア依頼があった。大型スポーツ店では受け入れて貰えないような依頼こそ、クラフトマンのプライドをくすぐる。すぐに修理を引き受け、リペアされたグラブは30年の時を超え、現役で使用できるグラブとして息を吹き返した。

「よく言われることですが、グラブは生き物なんです。汚れがあったら、人間でいえば口や鼻を塞がれているようなもので、息ができないんですよ。 だから、ちゃんと汚れを落としてやるんです」

野田康弘20年を超える経験の中で、多くのプレイヤーのグラブをリペアしてきた。高額なグラブもあれば、もちろん、比較的手ごろな価格のグラブもある。
高額だからといって、長く使える補償はない。だからこそ、メンテナンスが重要となる。一流選手が道具を大事にしていることは周知の事実だ。

「野球道具に関することなら、何でも気軽に聞いて欲しいですね」

“何でも”という言葉から、クラフトマンとしてのプライドがまたキラリと光った。

石井義明

リペアーマン

ミズノ「DSリペアーマン認定セミナーゴールドコース」を取得している石井さん。

小中高とショートを守ってきたが、いわゆる“ショート体型”ではなく、スラッとした長身が印象的だ。学生のころから野球道具にこだわり、野球道具のカタログを見ることも大好きだった生粋の野球小僧。
入社4年-。
リペア依頼内容は人によって異なり、臨機応変に対応することが求められている。
「まだまだ毎日が勉強」というが、この4年間でグラブの構造について学び、グラブのある部分が破損していれば、グラブのどの部分にまで影響しているか、を理解してきたという。
同社ではスチーマーを使用したグラブの型付けを請け負っており、多くの顧客が利用している。硬い新品のグラブがスチーマーを使用することで柔らかくなり、引渡し後、すぐに試合で使用できるようになる。

「『あんなに硬かったものが…』と言いながら、グラブをはめ、もう一方の手でグラブをパシパシと笑顔で叩いている姿を見ると、こちらも嬉しくなってしまいますね」

石井義明販売担当として店舗に立ち、お客と触れ合うことで、日々成長を続ける。
いまはその若さを生かした「流行を感じる力」と、これまでリペア経験から「グラブの機能性を知る力」の二刀流で、顧客に提案している。

「『安心して石井君に頼めるよ』との言葉をもらえるように、いまは丁寧かつスピーディーにお客様に対応できることを心掛けています」

真摯な姿勢で話す石井さんから、“丁寧かつスピーディー”にショートを軽快に守る姿が想像できた。